巨人・若林プロ初打点 今季初スタメンで2安打「思い切っていこうと」

[ 2019年6月7日 05:30 ]

交流戦   巨人2―1楽天 ( 2019年6月6日    楽天生命パーク )

2回2死一、三塁 左前適時打を放つ若林 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人は2年目の若林が今季初スタメンで2安打し、プロ初打点をマークした。2回2死一、三塁から石橋のカットボールを左翼線にはじき返した。今季初安打が先制打となり「思い切っていこうと思った。バットが素直に出てきている」。

 元大洋の若林憲一氏(66)を父に持ち、両打ちで内外野守れるユーティリティープレーヤー。茂木とは桐蔭学園時代にクリーンアップを組んだ同期生で「プロで同じ舞台でやるのが初めて。やっとそこに立てた」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月7日のニュース