広島 球団初10カード連続勝ち越しならず、西川の連続試合安打も止まる

[ 2019年6月7日 05:30 ]

交流戦   広島2―9西武 ( 2019年6月6日    メットライフD )

<西・広>先発し3回5失点の山口は汗をぬぐう(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 広島は6日の西武戦に大敗して、球団史上初の10カード連続勝ち越しはならなかった。

 2度目の先発だった高卒2年目の山口が秋山に初回先頭打者本塁打を浴びるなど計2被弾で3回5失点。プロ初黒星が付き、「課題が見つかったので死にもの狂いでやりたい」と反省した。西川も初回の右犠飛以外は3打席凡退に終わって球団2位の27試合連続安打でストップ。「いつかは止まる。期待してくれていた人には申し訳ない」と頭を下げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月7日のニュース