大谷 メジャー自己最多4打点、2戦連発&サヨナラ呼ぶ押し出し四球

[ 2019年6月7日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス10―9アスレチックス ( 2019年6月5日    アナハイム )

<エンゼルス・アスレチックス>8回2死満塁、同点となる押し出し四球を選び吠える大谷(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)が5日(日本時間6日)、アスレチックス戦の4回に今季初の2試合連発となる中越え5号3ランを放った。1点を追う8回には同点の押し出し四球を選び、メジャー自己最多となる4打点。今季最大6点差をはね返す劇的なサヨナラ勝ちを呼び込んだ。

 その瞬間、大谷はバックネット方向に向かって吠えた。1点を追う8回2死満塁。左腕バクターのフルカウントからの93マイル(約150キロ)外角直球を見極めた。同点の押し出し四球。吠えた直後には珍しくバットを投げ感情をむき出しにした。

 「もらった四球というよりは獲った四球。個人的には本塁打よりうれしかった」

 直前の一、二塁で、前を打つトラウトが敬遠された。「塁が埋まる敬遠は初めてで新鮮な感じがした」と話すも「燃えたというのはない」と冷静だった。「ストライクが来る確率が高い中でボールを選べたのは良かった」と、投手心理を読み切った。9回にガルノーの左翼への二塁打で劇的勝利。大谷も歓喜の輪に加わった。

 今季最大6点差をはね返す逆転劇。その呼び水となったのは大谷の一撃だった。2点を追う4回2死一、二塁でペティットの88マイル(約142キロ)直球を叩き、「いい感じで上がってくれた」と今季初の2試合連発となる5号逆転3ランを放った。試合前には2日連続でキャッチボールを行った“二刀流”は3回には右前打を放ち2試合連続マルチ安打で、押し出し四球を含め自己最多4打点。メジャー史上初のオープナー対決は、9イニングではエンゼルスタジアム史上最長となる4時間13分の激戦となったが、大谷の気迫が勝利を呼んだ。

 最近5試合で3本塁打に「後ろの方(のポイント)をしっかり強く振れている。長くボールを見ていけるトップ、入りができている」。8日(日本時間9日)のマリナーズ戦は菊池、11日(同12日)のドジャース戦は前田との対戦を前に、感覚は研ぎ澄まされてきた。(柳原 直之)

 ≪日本選手最多打点は「7」≫日本選手の1試合最多打点は「7」で、井口(ホワイトソックス)が06年6月25日のアストロズ戦、松井秀(ヤンキース)が09年8月21日のレッドソックス戦でマークした。両者は1試合6打点も1度ずつある。また松井秀は09年ワールドシリーズ第6戦で、日本選手ポストシーズン最多の6打点を挙げた。大谷の日本ハム時代の1試合最多打点は「5」で、16年3月29日のオリックス戦。4打点は4度記録している。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月7日のニュース