ロッテ・井上がスタメン外れる 2戦で3死球…抹消はせず

[ 2019年6月7日 17:34 ]

交流戦   巨人―ロッテ ( 2019年6月7日    東京D )

6日の阪神戦の7回2死二、三塁、死球を受けた井上(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ロッテ・井上晴哉内野手(29)が7日の巨人戦の先発出場メンバーから外れた。井上は5日の交流戦・阪神戦では左ふくらはぎに2度、6日の同戦では左肘に1度死球を受けていた。出場選手登録の抹消はせず、この日の出場は様子を見て決める。

 6日の試合では井上の死球をきっかけに両軍がマウンド付近に入り乱れ、警告試合が宣告された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月7日のニュース