ヤクルト村上、清宮に負けじ適時打 3戦連続打点でリーグトップに

[ 2019年6月7日 05:30 ]

交流戦   ヤクルト1―3日本ハム ( 2019年6月6日    札幌D )

4回2死一、二塁、適時打を放つ村上(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・村上が3試合連続打点をマークした。2点を追う4回2死一、二塁から加藤の低めのフォークを中前にはじき返した。「追い込まれていたので、コンパクトに打ちにいった」。

 リーグトップの45打点目。高卒2年目の同期・清宮が3回に適時打を放っており、お返しをした形となったが、試合は敗戦。「負けたことが悔しい。明日から本拠地に帰るので頑張ります」と切り替えていた。チームは7カード連続の負け越しとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月7日のニュース