ロッテ、レアードが負傷交代 井口監督は軽症強調「明日は大丈夫だと思う」

[ 2019年6月7日 05:30 ]

交流戦   ロッテ3―4阪神 ( 2019年6月6日    ZOZOマリン )

5回2死、自打球を当てたレアード(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ロッテはレアードが負傷交代し、交流戦はカード負け越し発進となった。5回の打席で左足親指付近に自打球を受け、7回の守備から途中交代。1点差の7回2死二、三塁では前日も2死球を当てられた4番・井上が死球を受けて、乱闘騒ぎにもなった。2死満塁の好機となったが、助っ人の代わりに5番に入った香月が左飛に倒れた。

 井口監督は「明日は大丈夫だと思う」とレアードについて軽症を強調したが、状態次第では病院で精密検査する可能性もある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月7日のニュース