DeNA筒香弾も空砲 9回あと一歩及ばず「かみ合うような試合ができたら」

[ 2019年6月7日 05:30 ]

交流戦   DeNA2―3オリックス ( 2019年6月6日    京セラD )

8回無死、スタンド上段に飛び込む特大の本塁打を放つDeNA・筒香 (撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 DeNAは1―3の8回無死から筒香が右翼5階席最上段に達する特大の12号ソロを放ったが、空砲に終わった。近藤の直球を叩き「自分のスイングで強く打つことができました」とうなずいた。

 それでも打線は11安打を放ちながら拙攻で2連敗。9回には2死二、三塁と追い詰めたが、あと一本が出なかった。主将は「試合をやるのは選手。投手も野手もかみ合うような試合ができたらいい」と表情を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月7日のニュース