楽天・石橋ほろ苦誕生日 7回2失点も3敗目「6回は悔いが残る」

[ 2019年6月7日 05:30 ]

交流戦   楽天1―2巨人 ( 2019年6月6日    楽天生命パーク )

力投する石橋(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天は先発・石橋が28歳誕生日に今季3敗目を喫した。自己最長の7回を投げ2失点と力投したが、打線の援護に恵まれなかった。1―1の6回2死から岡本に初球の直球を右中間席に運ばれ、これが決勝弾となった。

 「調子は良かった。ロースコアだったので、6回の本塁打は悔いが残る」と反省したが、平石監督は「よく投げてくれた」とねぎらった。チームは6カードぶりに負け越し、ソフトバンクと同率首位に並ばれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月7日のニュース