グラシアル 圧巻の自身初4戦連発 広島左腕・床田から左中間へ13号ソロ

[ 2019年6月7日 20:14 ]

交流戦   ソフトバンク―広島 ( 2019年6月7日    マツダ )

<広・ソ>6回表1死、グラシアルは左中間にソロ本塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのグラシアル外野手(33)が昨年の日本シリーズ再戦となった広島との交流戦初戦(マツダ)で4戦連発となる13号ソロを6回に放った。

 1―0で迎えた6回、1死走者なしの場面で入った第3打席。5回まで101球を投げながらその裏、先頭で回ってきた打席にも立って6回も続投した広島先発左腕・床田が投じたカウント2ボール2ストライクからの5球目、真ん中低めの147キロ直球を左中間スタンドへ叩き込んだ。

 グラシアルは4~6日の中日戦(ナゴヤD)に続いてこれで自身初となる4戦連発となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月7日のニュース