日本ハム中田が激走生還 タッチかわして技ありスライディング

[ 2019年6月7日 05:30 ]

交流戦   日本ハム3―1ヤクルト ( 2019年6月6日    札幌D )

3回2死一、二塁、清宮の適時打で生還した二走の中田(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムは4番の中田が激走を見せた。四球で出塁した3回2死一、二塁、二塁走者で清宮の右前打で本塁に突進。雄平の好返球もありタイミングはアウトも、捕手の上半身へのタッチを避けつつ右足を巧みに滑り込ませた。

 リクエスト後もセーフの判定は変わらず。打撃は3打数無安打も価値ある走塁に「清宮がしっかり打った打席で、生還できてよかった」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月7日のニュース