ソフトB首位並んだ グラ、先制2ラン&V打で4打点「満足のいく仕事」

[ 2019年6月7日 05:30 ]

交流戦   ソフトバンク6―4中日 ( 2019年6月6日    ヤフオクD )

8回2死二、三塁、勝ち越し適時打を放ったグラシアルはベンチを指さす(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 大車輪の活躍だ。ソフトバンクのグラシアルが8回に決勝2点打を放ち、初回にも先制の12号2ラン。4打点を挙げ、交流戦唯一の3連勝に貢献したキューバ出身の3番打者は「満足のいく仕事ができた」と頬を緩めた。

 先行しながら2度追い付かれる展開の中、8回2死から連打、さらに重盗で二、三塁の好機をつくった。グラシアルは敬遠も想定されたが「歩くことは考えていなかった。自分に集中した」と中前へはじき返した。二塁走者・今宮はアウトの判定だったが、リクエストによるリプレー検証で覆った。来日初の3戦連発も記録し「自分自身を信じることができている」と充実の表情を見せた。

 来日2年目の今季は「経験が自分を助けてくれている」と対応力に磨きをかけている。相手の情報が少ない交流戦でも好結果を残し「グラウンドの中でどれだけ情報を集められるかも鍵」と話す。野球への真摯(しんし)な姿勢は工藤監督も「僕たちも頭が下がる」と評するほどだ。

 4番のデスパイネも3回に17号ソロ。2戦連続となったキューバコンビのアベック弾は今季6度目で、昨季から7戦全勝と「不敗神話」が続く。30勝に到達し、巨人に敗れた楽天に同率首位で並んだ。2人が打てば負けないアーチ競演に、グラシアルは「チームにとってもいいこと。いい状態を保てている」と声を弾ませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月7日のニュース