オリ 榊原、3勝目も打球はたき右手打撲 登録抹消へ

[ 2019年6月7日 05:30 ]

交流戦   オリックス3―2DeNA ( 2019年6月6日    京セラD )

<オ・D>7回、ソトの打球を当たった箇所を見る榊原(撮影・平嶋 理子)  
Photo By スポニチ

 オリックス先発の榊原は6日のDeNA戦、7回1失点で3勝目を手にしたが、出場選手登録を抹消されることが決まった。

 7回、2死三塁でソトのライナー性の打球を右手ではたき落として投ゴロとなったが、試合後に大阪市内の病院で精密検査を受けた結果、打撲と診断。高山投手コーチは「一度、抹消します。頑張っていたし、少し間隔を空ける機会」と説明した。榊原はこれで9試合連続でクオリティースタート(6回以上、自責点3以下)達成となったものの「(手で捕りに行くのは)やってはいけないこと」と反省した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月7日のニュース