楽天 逆転勝ちで32日ぶり首位!ブラッシュ2本塁打

[ 2019年5月28日 20:52 ]

パ・リーグ   楽天7-2西武 ( 2019年5月28日    盛岡 )

7回1死二、三塁、逆転3ランを放つブラッシュ(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 楽天がブラッシュの2本塁打などで逆転勝ちし2連勝。0.5差で首位のソフトバンクがオリックスに敗れたため4月26日以来32日ぶりの首位に返り咲いた。

 楽天・塩見、西武・今井、両先発が好投を見せ、5回まで両軍無得点。得点数1位と2位、さらに失点数1位と2位チームの激突とは思えない無風状態が続いていた。

 しかし6回、西武・秋山の10号ソロで先制されると、7回には山川に21号ソロを打たれ、0-2と2点をリードされた。

 だが7回、先頭の浅村が今井からチーム初ヒットを打つと、続くウィーラーが左中間へ2塁打を打ち無死二、三塁のチャンス。銀次が倒れたが、ブラッシュが左中間へ14号3ランを放ち逆転した。さらに2死満塁から敵失などで2点を追加。8回にはブラッシュがこの日2本目となる15号2ランを放ち7-2と突き放した。

 先発の塩見は7回を投げ、5安打2失点の好投。復帰から2連勝となった。チームも2連勝で貯金を4とした。

 西武は秋山&山川のソロホームランも空砲に。先発の今井は6回まで強打の楽天打線をノーヒットに抑えていたが、7回に突如として崩れ悔しい5敗目となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2019年5月28日のニュース