ドジャースが4連勝 ベリンジャーが攻守両面で活躍

[ 2019年5月28日 14:21 ]

3回に19号ソロを放ったドジャースのベリンジャー(AP)
Photo By AP

 ナ・リーグ西地区で首位を走るドジャースは27日、地元ロサンゼルスでメッツを9―5で下して4連勝。ここ12戦では10勝目を挙げて今季成績を36勝18敗とした。

 打率と打点でリーグ1位のコーディー・ベリンジャー(23)は3回、昨季にサイ・ヤング賞を受賞しているメッツの先発ジェイコブ・デグロム(30)から19号ソロをマーク。本塁打部門でも1位のクリスチャン・イエリチ(27)に2本差と迫っており、三冠王への可能性を漂わせる序盤戦となっている。54戦目での19本塁打は、ロイ・キャンパネラに並ぶチーム歴代2位のスピード記録。右翼で先発したベリンジャーは2つの捕殺もマークするなど、好守両面で活躍した。

 先発のクレイトン・カーショー(31)は6回で10安打、3失点ながら先発全員を含む17安打を放った打線の援護を受けて今季は5勝0敗。ケンリー・ジャンセン(31)は1回2/3を投げて今季15セーブ目を挙げた。

 メッツは26勝27敗。デグロムがマウンドを降りた6回に6点を失って試合をひっくり返された。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2019年5月28日のニュース