楽天・ブラッシュ 逆転3ランなど2発で5打点「今日の勝利は非常にいい勝ち」

[ 2019年5月28日 22:32 ]

パ・リーグ   楽天7-2西武 ( 2019年5月28日    盛岡 )

笑顔でガッツポーズするブラッシュ(左)と塩見(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 2点を追う7回、楽天のブラッシュは1死二、三塁の場面で打席へ入ると、値千金の逆転14号3ラン。さらに次の打席では、ダメ押しの15号2ランを放ち、計5打点の大暴れ。約1カ月ぶりに首位に浮上した楽天の勝利に大きく貢献した。

 この日、チームは西武・今井の前に6回までノーヒット。ブラッシュは7回の打席に入る際、「西武の今井投手が非常にいいピッチングをしててなかなか苦しい展開だったんですけど、浅村が出て、ウィーラーが出て、それがかなりモチベーションになって、なんとか返そうという思いで打席に立ちました」と、逆転の14号3ランは自らを奮い立たせての結果だったことを明かした。

 また「何よりも塩見が非常にいいピッチングをしてたので、何とか彼のためにもと打席に入って、いい結果が出てよかったと思います」と、“好投した塩見に白星を”という思いも強かったという。

 8回には2打席連発となる15号2ランを放ったブラッシュ。「ホームランとは運が左右するものであるんですけど、やはり今日の勝利は非常にいい勝ちだと思います。なかなか苦しい展開が続いてますけど、こうしてチームとして勝ちにつなげることができて、非常にうれしく思っています」と、ダメ押しとなった2本目を喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月28日のニュース