マエケン 次戦に向け練習開始 ローテ通りなら6.1フィリーズ戦

[ 2019年5月28日 15:42 ]

 ドジャース・前田健太投手(31)は27日(日本時間28日)、午後2時過ぎにフィールドに出て、約15分間キャッチボールを行った。

 前日に敵地ピッツバーグでのパイレーツ戦に先発し、5回5安打3失点で6勝目を挙げた。左内転筋打撲による負傷者リスト(IL)から復帰し、中10日での登板だったが、日米通算140勝目を手にしていた。

 試合後、チームのチャーター機でロサンゼルスに戻り、自宅に着いたのは西海岸時間で午後10時だったという。一晩寝て、再び練習開始。疲労を考慮してチームの全体練習はなかったが、普段通りに調整し「(ILで)10日間休んでいたので大丈夫です」と表情は明るかった。次の登板日は、ローテーション通り中4日となれば、31日(日本時間6月1日)の本拠でのフィリーズ戦となる。(ロサンゼルス・奥田秀樹通信員)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月28日のニュース