昨秋王者・法大まさか…監督謹慎響き5位

[ 2019年5月28日 05:30 ]

東京六大学野球 第7週最終日   法大2-3明大 ( 2019年5月27日    神宮 )

法大・金光監督代行
Photo By スポニチ

 5季ぶりのリーグ優勝を決めている明大が法大を3―2で下し、16年春以来となる勝ち点5の完全優勝を飾った。

 法大は昨秋の王者が勝ち点1の5位に終わった。開幕前に青木監督が暴力問題で謹慎するなど、ゴタゴタが最後まで影響した。副部長の金光監督代行は「勝たせてあげられなかったのは指揮官の責任」と選手をかばった。少なくとも青木監督の謹慎が解ける7月下旬までチームを預かる予定。その後、指揮官が復帰するかどうかは大学側が判断する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2019年5月28日のニュース