鷺宮製作所・野口 チームを第1代表決定戦に導く9回途中1失点の好投

[ 2019年5月28日 19:20 ]

第90回都市対抗野球 東京都2次予選・第1代表決定トーナメント準決勝   鷺宮製作所5―1JR東日本 ( 2019年5月28日    大宮公園 )

 鷺宮製作所の左腕エース・野口亮太投手(26)が低めを丁寧につく投球で、チームを都市対抗・第1代表決定戦進出に導いた。完封こそ逃がしたが、8回1/3を7安打1失点と昨夏の都市対抗4強打線に的を絞らせなかった。

 「テンポよく投げられた。左打者の内角を真っ直ぐで突く自分の投球ができた」。今秋のドラフト候補・太田龍投手(20)にも投げ勝った。目良宏監督(48)も「野口が試合をつくってくれた」と手放しで称えた。

 来月3日には2年連続となる東京都第1代表をかけ、一昨年の都市対抗覇者・NTT東日本と激突。補強選手として日本通運との決勝戦で勝利投手になるなどNTT東日本の全国制覇に貢献した野口は「自分を成長させてくれたのかな。今度はチャレンジ精神でいきます」と無欲で臨む。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月28日のニュース