マエケン日米通算140勝 ILから復帰初登板で5回3失点「一つ一つ積み上げたい」

[ 2019年5月28日 05:30 ]

ナ・リーグ   ドジャース11-7パイレーツ ( 2019年5月26日    ピッツバーグ )

今季6勝目を挙げた前田(AP)
Photo By AP

 ドジャース・前田がリーグトップにあと1つと迫る同4位タイの6勝目(2敗)を挙げた。2回に一時逆転される2ランを浴びたが、5回5安打3失点。大量援護にも支えられ、日米通算では140勝目となった。

 左内転筋打撲による負傷者リスト(IL)から復帰し、中10日での登板。オフが多く日程が緩やかなチーム事情によるIL入りでもあった。6回2/3を無失点好投の直後だったが「プラスに捉えるしかない。そうなったなら、うまく疲れを取って」。気持ちを切り替え、登板間のブルペンでは通常の3倍以上の50球投げる工夫も。難しい調整だったが、安定感は変わらなかった。

 「(広島の)入団会見で200勝したいと言ったので。一つ一つ積み上げたい」。140勝を通過点として前向きに語った。(奥田秀樹通信員)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2019年5月28日のニュース