アスレチックスは13年ぶりの10連勝 チャップマンは3試合連発

[ 2019年5月28日 10:32 ]

3試合連続で本塁打を放ったアスレチックスのチャップマン(AP)
Photo By AP

 ア・リーグ西地区2位のアスレチックスは27日、エンゼルスを地元オークランドで8―5で下して29勝25敗。サスペンデッドとなった19日のタイガース戦をはさんで13年ぶりの10連勝を飾った。サスペンデッドとなった試合は7回までアスレチックスが5―3でリード。9月6日に試合は再開されるが、勝てば現時点での連勝は「11」となり、負ければ「7」となる。

 試合は3番のマット・チャップマン(26)が3試合連続の一発となる14号ソロなど、3本の本塁打などで8点を奪って勝利。先発のクリス・バシット(30)は5回を5失点ながら今季3勝目(1敗)、抑えのブレイク・トライネン(30)は11セーブ目を挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月28日のニュース