阪神・ジョンソンを広島007が絶賛「打者のタイミングを微妙に外す器用さがある」

[ 2019年5月28日 08:32 ]

阪神・ジョンソン
Photo By スポニチ

 開幕から約2カ月を終えたプロ野球。今季加入した外国人選手で際立った存在感を見せているのが、阪神のピアース・ジョンソン投手(28)だ。ジョンソンは開幕から16試合連続無失点をマークするなど23試合で防御率0・77。本人や自球団、対戦する他球団の証言を基に、ブレークした要因を分析する。(プロ野球取材班)

《ジョンソンのここが凄い!他球団から絶賛の声》

 ▼広島迎打撃コーチ 外国人はツーシームとか、小さく動かすことが多いけど、ジョンソンはスライダーが邪魔になる。

 ▼広島田中彰スコアラー 一番の特長は走者を出した時。クイックが速いし、打者のタイミングを微妙に外す器用さもある。

 ▼巨人岡本 いい真っすぐがあるし、コントロールがいい。

 ▼ヤクルト小川監督(クイックで投げたり)フォームで惑わされるところがある。いろいろなことを考えながら投げている。

 ▼ヤクルト山田哲 カーブじゃなくてスライダーでしょ。曲がりが大きい。

 ▼中日ビシエド スライダーが直球と一緒の軌道で手元でグンと曲がってくる。まだヒットを1本も打っていないし、そう簡単に打てる投手ではない。

 ▼DeNA坪井打撃コーチ スライダーに特徴。曲がり幅があるのに速い。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月28日のニュース