ヤンキース・田中 初対戦パドレス戦へ念入り調整

[ 2019年5月28日 15:38 ]

ヤンキース・田中将大
Photo By スポニチ

 ヤンキースの田中将大投手(31)は28日(日本時間29日午前7時35分開始)の本拠でのパドレス戦先発に向け、同カード前にフィールドで最終調整した。平地で捕手を座らせ、スプリットなどの感触を念入りに確かめた。

 4戦連続クオリティースタート(6回以上投げ自責点3以下)で、防御率も2・94と好調。ここ2戦連続でピッチャー返しの痛烈な打球が身体に当たるアクシデントこそあったものの、「全然問題なく、いたって普通です」と表情は明るかった。

 パドレスとはメジャー6年目で初対戦となり、マチャド、キンズラーといったベテランを除けば馴染みの薄い選手ばかり。それでも「その試合で自分にとってベストだと感じたことを、ゲームの中で自信を持ってやっていけたら」と普段通りの投球を誓った。(ニューヨーク・杉浦大介通信員)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月28日のニュース