ソフトバンク・甲斐 7回に右足を痛め交代…

[ 2019年5月28日 20:38 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―オリックス ( 2019年5月28日    京セラドーム )

<オ・ソ>7回表1死、セイフティーバントを試み一塁上で足を負傷しベンチに戻る甲斐(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの甲斐拓也捕手(26)が、28日に行われたオリックス戦で7回に負傷し途中交代した。

 甲斐は「9番・捕手」で先発。1死一、二塁で迎えた第3打席で一塁側へセイフティーバントを試たが、一塁へ全力疾走しベースを踏んだ際に右足を痛めたもの。駆け抜けた後、悶絶してエキサイトシート前で座り込み、しばらく座っていたがフェンスを使いながら立ち上がると自力で歩いてベンチに戻った。

 8回からは、高谷に代わった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月28日のニュース