明徳主砲・北川が甲子園初本塁打 「気持ち良かった」

[ 2011年8月7日 14:22 ]

3回裏、先制の本塁打を放ち、ガッツポーズで二塁へ向かう明徳義塾・北川

第93回全国高校野球選手権大会1回戦 明徳義塾3-2北海

(8月7日 甲子園)
 明徳義塾で1年の秋から4番を務めてきた北川が甲子園で初本塁打を放った。「あんなの初めて。気持ち良かった」と、やや内側の直球を振り抜くと打球はぐんぐん伸びて左中間スタンドへ飛び込んだ。

 馬淵監督の助言でヘッドが出やすくなるようにバットを寝かす構えに変えた。「言われた通りに打てた」と感謝の面持ち。サヨナラのホームも踏み「いい勝ち方での流れで次に乗り込めたら」と次戦を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月7日のニュース