プロ注目の慶大・伊藤 阪神戦で石川から右前打

[ 2011年8月7日 06:00 ]

<慶大・阪神2軍>8回1死、慶大・伊藤は石川から右前打を放つ

プロアマ交流戦 慶大3―2阪神

(8月6日 JX―ENEOSG)
 慶大―阪神のプロアマ交流戦が6日に行われ、阪神が今秋ドラフト1位候補としてリストアップする慶大・伊藤隼太外野手(4年)が8回1死から代打で登場し、石川の内角低めの直球を鋭く振り抜いて右前打を放った。

 視察した阪神・沼沢正二球団本部長は「打球音が違った。(ドラフト1位の)有力候補に間違いないし、秋のリーグ戦も追いかけます」とあらためて高評価した。

 全日本大学選手権で打率・231と不振に陥った反省から、ノーステップ打法に着手。「調子の波の少ないフォームにしたい。秋に向けて最初の打席で結果が出た」と新フォーム初安打に満面の笑み。学生最後のシーズンへ、伊藤は「最後は日本一を獲っていい形で終わりたい」と意気込んだ。

 ▼阪神・石川 いい構え、いいスイングをしている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月7日のニュース