慎重すぎる配球で嶋が懲罰交代 星野監督「四球最悪」

[ 2011年8月7日 06:00 ]

パ・リーグ 楽天3-6日本ハム

(8月6日 Kスタ宮城)
 楽天は捕手の嶋が懲罰交代を受けた。慎重すぎる配球が裏目に出た。2点リードの5回1死二、三塁から9番・鶴岡への四球でピンチを広げ、その後に5点を失った。

 カウント1ボール2ストライクと追い込みながら、3球連続のボール。無死二塁でホフパワーにも2球で2ストライクとしながら四球を許しており、星野監督は「2つの四球が最悪」と吐き捨てた。ヒメネスが5失点目となる適時打を稲葉に許してKOされると、捕手の嶋も交代。三輪バッテリーコーチは「ちょっとかわしにいったから、捕手を代えた。ヒメネスはいい球を投げていたのに、(前の打席で)抑えていた打者に四球だから」と説明した。

 ▼楽天・佐藤投手コーチ(ヒメネスについて)調子は良かったのに、大事にいきすぎだよ。“打たれてもいい”というつもりで投げてほしかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月7日のニュース