東北3県の球児が入場行進「みんなと来られたら…」

[ 2011年8月7日 06:00 ]

「がんばろう!日本」の横断幕を手に行進する6選手

 東日本大震災で大きな被害を受けた岩手、宮城、福島の3県から選ばれた6人の球児が「がんばろう!日本」の横断幕を持って開会式で行進した。元気良く場内を一周する姿に、スタンドは大きな拍手に包まれた。

 本紙企画「復興へのプレーボール」で連載中の高田高校(岩手)の大和田将人選手は「拍手や手拍子で温かく迎えていただいて凄くうれしかった。ワクワクしましたけど、みんなと来られたらもっとよかったなと思いました」としみじみと話した。
 同校が80年夏に甲子園出場した際の岩手大会優勝盾は津波で破損したが、新しい盾が贈呈された。また、春夏通じて甲子園出場が一度もない志津川(宮城)の阿部浩夢選手は「今まで聞いたことのないような大きな拍手で感動しました。行進している姿を南三陸町の皆さんに届けられてよかった」と感動で声を震わせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月7日のニュース