力投に応えられず…11残塁の拙攻で1点のみ

[ 2011年8月7日 06:00 ]

パ・リーグ ロッテ1-1オリックス

(8月6日 QVC)
 ロッテは延長10回を戦って今季6度目の引き分けに終わった西村監督は「渡辺俊もリリーフ陣もよく抑えてくれたんだけど、攻撃陣が何とか点を取ってあげないとね」と嘆いた。

 3回に井口の右前打で挙げた1点だけ。渡辺俊を好リードした里崎だが、打撃では7回2死満塁など3度の得点圏で全て凡退した。11残塁の拙攻に、指揮官は「あしたは打ってくれます」と祈るように話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月7日のニュース