中日終盤に痛いミス…7カード勝ち越せず

[ 2011年8月7日 22:43 ]

セ・リーグ 中日0-2横浜2

(8月7日 ナゴヤD)
 中日は最下位の横浜に元気なく零敗。これで7月12日に始まったヤクルトとの3連戦から7カード連続で勝ち越しがなく、うち6カードが負け越し。反攻のきっかけが見えてこない。

 踏ん張る先発の山内を打線が援護できない。この試合の前まで、防御率5点台だった三浦に7回を4安打で抑えられた。

 9回の守りでは3番手の河原が、無死一塁で投前バント処理で二塁封殺を狙ったが送球がそれ、一、二塁に。次のバントで二、三塁とされた後、代打中村に2点適時打を浴びた。ベテラン右腕は「焦りはなかった。アウトにできると思って投げた」と振り返ったが、終盤に痛いミスだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月7日のニュース