津波で壊滅的被害…気仙沼向洋の3年生が始球式

[ 2011年8月7日 06:00 ]

開幕試合で始球式を務めた気仙沼向洋・斉藤弘樹投手(3年)

 津波で校舎が壊滅的な被害を受けた気仙沼向洋(宮城)の斉藤弘樹投手(3年)が開幕試合で始球式を務めた。

 真っさらなマウンドに深々と一礼して登ると大きく息を吐いて投じた一球。投球は今治西・見乗(みのり)の外角に大きく外れたが、スタンドからは大きな拍手が送られ「(震災で)野球ができない日々はつらかったけど、高校最後の1球が甲子園で投げられたことを誇りに思う」と目を輝かせた。今後について「野球って素晴らしいなと実感した。野球は続けたい」としっかりと前を見据えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月7日のニュース