マー君「調子は良かった」13Kも自己ワーストタイ7失点

[ 2011年8月7日 21:05 ]

5回に3ランを打たれ、ベンチに戻る楽天・田中

パ・リーグ 楽天1-8日本ハム

(8月7日 Kスタ宮城)
 楽天の田中は13奪三振も8回を自己ワーストタイの7失点で4敗目。8回、ホフパワーに153キロを打ち返されると、楽天の田中は苦しげな表情で首をかしげた。「調子自体はすごく良かった。完全に力負け」。悔しさをかみ殺し、右腕は努めて冷静に振り返った。

 マスクをかぶった伊志嶺は「真っすぐは良かったし、打たれたコースも悪いとこじゃなかったと思う」と結果を信じられない様子。球威も制球も好調時のものだったが、日本ハム打線には通用しなかった。次はどう修正するのかと問われた田中は、すぐには答えを見つけられず「きょうの試合を反省して、またいい投球ができるようにしっかりやっていきたい」とだけ話した。

 ▼星野監督(田中に)「いつもより制球がちょっとだけ悪かったかな」

 ▼楽天・佐藤投手コーチ(田中に)「(調子は)良かったと思うよ」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月7日のニュース