西武 ソフトBに6連敗…渡辺監督は「今は打線も沈みがち」

[ 2011年8月7日 20:35 ]

パ・リーグ 西武1-8ソフトバンク

(8月7日 西武D)
 西武は6回無死一塁から銀仁朗が初球でバスターエンドランを決めた。積極的な攻撃で好機を広げ、続く栗山の犠飛で先制したが、得点は1点止まり。終盤に逆転を許し、渡辺監督は「今は打線も沈みがち。何とかあの1点を守らないといけないゲーム」と振り返った。

 これで2分けを挟んでソフトバンクに6連敗。ゲーム差も最大の22と広がった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月7日のニュース