大島 今季初登板初先発も4回2失点で降板

[ 2011年8月7日 19:59 ]

巨人戦に先発した広島・大島

セ・リーグ 広島―巨人

(8月7日 マツダ)
 広島の大島が今季初登板初先発した。左腕は「もらったチャンスなので、戦う闘志だけは見せたい」と意気込んでいたが、不安定な投球で4回4安打2失点で降板。試合をつくることができなかった。

 痛恨だったのは2回。簡単に2死を取りながら、2連続四球で一、二塁として投手の西村に左越えに2点二塁打を許した。野村監督の嫌う「無駄な四球」はこの日も防げなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月7日のニュース