由規5回4失点で4敗目「これっていう球がなかった」

[ 2011年8月7日 06:00 ]

セ・リーグ ヤクルト1-6阪神

(8月6日 京セラD)
 ヤクルトは左脇腹筋膜炎から復帰2戦目の由規が制球に苦しんで5回4失点で4敗目を喫した。

 初回1死から上本に四球を与えると、鳥谷には2ボールからの直球を右翼線二塁打されて先制を許した。その後もカウントを悪くしてストライクを取りにいった球を痛打される悪循環。「打たれるべくして打たれた。直球も変化球も、これっていう球が一つもなかった。攻撃のリズムをつくれなかった」と反省しきりだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月7日のニュース