5回に打者一巡で5点!つなぐ意識でダル援護

[ 2011年8月7日 06:00 ]

<楽・日12>6回無死、ホフパワーが右越えソロ本塁打を放つ

パ・リーグ 日本ハム6-3楽天

(8月6日 Kスタ宮城)
 日本ハムは2点を先制された直後の5回、好機を逃さずに5点を挙げた。小谷野の二塁打に2四球などで1死満塁とし、まずは失策で2点。

 さらに陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)の右前打で1点を勝ち越すと、再び2死満塁と攻め立て稲葉が2点適時打を中前に運んだ。陽岱鋼は「引っ張ると併殺になる可能性が高いから右方向へ、という意識」と状況に応じた打撃を実践した。打者一巡の攻撃に、稲葉は「みんな後ろに、という意識が見えた。ダル(の先発試合)で勝てて良かった」と笑顔だった。

 ▼日本ハム・ホフパワー(6回に2戦連続となる12号ソロ)感触が良くなっているので、調子も上がっていると思う。今後も安定した打撃をしていきたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月7日のニュース