山内 8回途中まで無失点と好投も援護なし

[ 2011年8月7日 21:36 ]

5回横浜2死満塁、スレッジを右飛に打ち取り、グラブをたたいて喜ぶ中日先発の山内

セ・リーグ 中日0-2横浜2

(8月7日 ナゴヤD)
 中日の山内は、0―0の8回1死から石川に安打を浴び、2死後、村田の左前打で一、三塁とされてベンチに下がった。119球を投げ、観客からのねぎらいの拍手を受けた山内は「ゲームはつくれた」と少しだけ笑みを見せた。7回1失点だった前回登板の広島戦に続く好投。6連戦には先発が足りていないチーム状況の中で結果を残したが、援護なく勝利を挙げることはできなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月7日のニュース