×

「BE SATSUKI」と記した藤沢五月「気持ちをしっかり持って臨んだ」 好ショット連発で勝利呼ぶ

[ 2022年2月19日 00:04 ]

北京五輪第15日・カーリング女子準決勝   日本8─6スイス ( 2022年2月18日    国家水泳センター )

<北京五輪 カーリング 日本・スイス>決勝進出を決め抱き合って喜ぶ(右から)鈴木夕湖、吉田知那美、藤沢五月、吉田夕梨花(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 カーリング女子の準決勝が18日に行われ、18年平昌五輪銅メダルで世界ランク7位の日本(ロコ・ソラーレ)は世界ランク2位のスイスと対戦。8─6と勝利し、2大会連続のメダルを確定させた。日本勢の銀メダル以上は史上初。決勝は日本時間20日午前10時5分から、相手は英国に決まった。

 スキップの藤沢五月は激闘を終え「プレッシャーも正直感じなかった。きのうの試合で、けっこう私の中で迷いがあって、それが作戦だったり、ショットにも影響してしまった部分があったんですけど、きょう午前中だったり、夕方まで時間があった中で、しっかりチームみんなで話し合って、今日の試合をどういうふうにしたいかというふうにしっかり話して、気持ちをしっかり持ってこの試合に入れたことがすごく良かった」と話した。

 17日の1次リーグ最終戦で4─8で敗れたスイスとの再戦。序盤は我慢の展開となった。0─1で迎えた後攻の第3エンド。スキップ藤沢五月のラスト一投が外れれば、相手に3点を与えかねない状況で、何とか1点を奪取。その我慢がビッグチャンスを生んだ。1─2で迎えた後攻の第5エンド。藤沢が最後の一投でダブルテークアウトで一挙4点をとり、5─2で前半を折り返した。先攻の第6エンドは1点をスチールに成功した。

 ただ、後半はピンチの連続となった。第7エンドに3失点して、1点差。そして7─5で迎えた第9エンド。先行でとにかく大量失点だけは防ぎたかったが、形勢不利に。しかし藤沢が2投ともにダブルテークアウトに成功。相手の得点を1点に防いだ。最終10エンド、藤沢の最終一投でドローショットが決まり、4人は抱き合ってうれし涙を流した。

 ビッグショットにスーパーセーブを繰り出した藤沢。前日のスイス戦では、ミスショットを連発し、泣いた。敗戦から20分後に、準決勝進出を知らされ「神様が与えてくれたチャンス。自信を持って投げたい。自分たちの試合をしっかり、泣いても笑っても2試合なので、頑張ります」と話した。

 「まだ正直信じられない部分があるが、こうやって決勝という、何だろう…、今まで経験したことのない試合に出られる。やることは変わらず、自分たちの試合をチーム全員で戦い切るだけ。決勝まで時間があるので、作戦会議をしたい」と話した藤沢の右手には「BE SATSUKI」の文字があった。

 「込めた意味は書いたJD(リンドコーチ)に聞いていただければ。今日は試合前に、なんか一言書いてって言ったら書いてくれた。普段は自分で書いているけど、今大会凄く注目され始めているらしくて、自分で書いてなんか飽きてきたじゃないけど、皆さんに聞かれる度に書くのも嫌だなと思って(笑い)。JDコーチに書いてって頼んだ。(書いた文字は)BE SATSUKIです。私らしくっていう意味と、ENJOYっていう言葉を書いてもらった」と話した。カーリング界の初の快挙を成し遂げたロコ・ソラーレのスキップに、もう迷いはない。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年2月18日のニュース