×

羽生結弦「心の赴くまま」9曲熱演…「SEIMEI」締め

[ 2022年2月18日 17:57 ]

<北京五輪 フィギュア練習>練習する羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 北京五輪フィギュアスケート男子4位でクワッドアクセル(4回転半)を世界初認定させた羽生結弦(ANA)が18日、首都体育館近くのサブリンクで割り当て練習に2日連続で参加した。

 過去のプログラムの音楽を次々にかけ、最後は伝説的プログラム「SEIMEI」で締めた。羽生は「心の赴くままにスケートしました。自己満足かもしれないけど、やりきれたなと思いました」と笑顔で話した。この日、音楽をかけたプログラム9曲は以下の通り。

(1)「ホープ&レガシー」
(2)「パガニーニの主題による狂詩曲」
(3)「ノートルダム・ド・パリ」
(4)「ロミオとジュリエット」
(5)「バラード第1番」
(6)「秋によせて」
(7)「ホワイトレジェンド」
(8)「ノッテ・ステラータ」
(9)「SEIMEI」

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年2月18日のニュース