×

鈴木沙織 15位、2大会連続予選落ちに号泣 ミスない滑りも及ばず フリースタイルスキーHP

[ 2022年2月18日 05:30 ]

北京五輪第14日 フリースタイルスキー・ハーフパイプ女子予選   河北省張家口・雲頂スキー公園 ( 2022年2月17日 )

予選に出場した鈴木沙織(ロイター)

 男女通じて日本から唯一出場した鈴木沙織(城北信用金庫)は15位で、2大会連続の予選落ち。1回目はミスのない滑りを見せるも68・75点止まり。

 上位勢のほとんどが900(2回転半)のエアを含むルーティンを予選から解禁する中、回転数は720(2回転)止まりながら完成度で勝負したが及ばず。「悔しい。頭が真っ白。ジャッジは完成度を見ていたので、それ以前の問題になってしまった」と泣きじゃくった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年2月18日のニュース