×

どんなライからでも飛ばせる!キャスコ「UFO」新シリーズが来月発売

[ 2022年2月18日 05:30 ]

スピードソールを搭載した「UFO Speed by POWER TORNADO」
Photo By 提供写真

 3月4日に新発売となるキャスコ「UFO Speed by POWER TORNADO」は待望の「UFO」新シリーズだ。新開発の「スピードソール」を搭載したことで、どこからでもヘッドが加速し、あらゆるライから飛ばせるようになった。グリーン周りまでカバーする幅広い番手ラインアップで、どんな距離からもやさしくグリーンを狙える。

 「ラフからでも飛ばしたい!」そんな思いから開発されたのが、今作一番の注目である「スピードソール」だ。ソール面トー側を凹面にして、その部分に2枚のブレードを装着。芝が抜けやすく、接地面も小さくなることで抵抗が減少し、どんなライからでもヘッドスピードを加速させながら振り抜ける。ソールのフェース側にも角度をつけているため、ボールが芝に沈んだ状況でもヘッドが入りやすく、ブレードの効果と相まってフェースセンターでボールを拾うことができる。ブレードの潜りすぎも抑えるため、打ち込むショットも安心だ。

 もちろん、「上から攻める」がキャッチフレーズの従来モデルの技術も継承。ヘッドから飛び出した「ユニバーサルウィング」のウエイト効果で理想的な“深重心”&“重心角大”を実現し、つかまりがよく高い弾道の安定した飛びを生み出す。慣性モーメントも大きくなるため、オフセンターヒット時でも当たり負せず、ヘッドもブレにくい。また、トー側にボリュームを持たせた「デュアルシェイプクラウン」形状にすることで、払い打ちだけでなくアイアンのように打ち込むスイングもイメージしやすくなった。

 そして、UFOオリジナルの「ファルコンシャフト」も進化。外径を従来モデルの11ミリから9・5ミリに変更し、材料と構造を一から見直し。方向の安定性は維持しつつ先端部のしなりを改善し、当たり負けせず振りやすい仕上がりになった。

 新シリーズも豊富なラインアップは健在でフェアウエーウッドの距離をカバーする#33(ロフト角15度)からアプローチウエッジのかわりになるAA(ロフト角46度)までの9ロフトをそろえている。複数番手入れることで自分の思い描いたとおりのコース戦略を実現する。

 どんな状況でも気持ちよく振り抜ける「UFO Speed」。この春は、どこからでも飛ばせる逸品でベストスコアを狙おう。各1本税込み3万8500円。レディース用も展開あり。

 《ツアープロコーチ・南秀樹氏も絶賛》同社公式HP内では、ツアープロコーチの南秀樹氏による新シリーズの試打インプレッション動画が公開中。クラブを持った瞬間に「前よりフェースが高くなったような気がするし、ソール形状も違う。よりアイアンに近づいた感じ」とほれ込んだ南コーチ。快音を響かせ「とにかくボールが強いし、うまく作ってある。さすがやな」と絶賛した。

 普段の自身の指導法についても言及し「払いにいこうとか、打ち込みにいこうとする人がいるが、そうしようとするほどアッパーになる」と指摘。そんなアマチュアゴルファーに向け「(このクラブは)親切に作ってある。アイアンでボールが上がらない人にぜひ使ってもらいたい」と太鼓判を押した。

 ○…発売を記念し、現在モニタープレゼントキャンペーンを実施中。専用ページから指定の動画を視聴し、クイズに答えて応募すると、抽せんで「UFO Speed by POWER TORNADO」または「UFO Speed by POWER TORNADO for Ladies」の希望スペック1本を3人にプレゼント。抽せんに外れても20人に「kascoACE」(3個入り)をプレゼントするので奮って参加してほしい。3月21日締め切り。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年2月18日のニュース