×

メダル4個の高木美帆 姉・菜那から「お疲れ~、おめでとー」と普段通りの祝福

[ 2022年2月18日 10:58 ]

スピードスケート女子1000メートルでの金メダル獲得から一夜明け、記者会見する高木美帆=18日、北京(共同)
Photo By 共同

 北京五輪スピードスケートで冬季五輪日本勢の一大会最多となる4個のメダルを獲得した高木美帆(27=日体大職)が18日、北京市内のメインメディアセンターで会見に臨んだ。

 今大会は13日間で5種目に出場。最終レースの17日の1000メートルで金メダル獲得後に選手村に戻り、同部屋の女子団体追い抜きメンバーから祝福された状況を明かした。「最初は部屋に誰もいなくて“誰もいないな”と思っていた。姉(高木菜那)が途中で入ってきて“お疲れ~、おめでとー”といつも通りの感じで言われた。佐藤選手(綾乃)からは“美帆さーん、感動しました”と言葉をもらいました。押切(美沙紀)さんからも“お疲れ、おめでとう”と、いつも通りの感じですね」。3000メートル6位、1500メートル銀、500メートル銀、団体追い抜き銀、1000メートルで金。メダル量産の快挙を達成したが、年間300日超の合宿で苦楽をともにしてきた仲間からは意外にも?普段通りに接しられたようだ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年2月18日のニュース