×

4位通過のロコ、実はショット成功率1位 勝敗分ける藤沢五月の「80%」

[ 2022年2月18日 09:12 ]

北京五輪第15日 カーリング ( 2022年2月18日    国家水泳センター )

カーリング日本代表の藤沢五月(ロイター)

 女子で18年平昌五輪銅メダル、世界ランク7位の日本(ロコ・ソラーレ)は、午後9時5分から21年世界選手権女王で世界2位のスイスと準決勝を戦う。17日の1次リーグ最終戦で敗れた相手との再戦だ。

 ロコは1次リーグ9試合で通算5勝4敗の4位でぎりぎり準決勝へ進出。だが、ショット成功率では高い数字を残している。

 チーム全体の成功率82・3%は10チーム中トップ。ポジション別でもスキップ藤沢五月の80・1%、リード吉田夕梨花の89・6%は1位だ。一方、サード吉田知那美は78・7%で6位、セカンド鈴木夕湖は80・9%で5位となっている。

 ロコが敗れた4戦で、藤沢の成功率は全て80%を下回り、勝利の5戦は80%以上の数字を残した。スイスと再び戦う準決勝でも、80%が勝負の分かれ目になりそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年2月18日のニュース