×

高木美帆 銀メダルとは違った金メダルの重み…さらなる進化誓う「ゼロから、チャレンジャーの気持ちで」

[ 2022年2月18日 22:27 ]

<北京五輪 スピードスケート>メダルを4個手に笑顔の高木美帆(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 北京五輪スピードスケートで冬季五輪日本勢の一大会最多となる4個のメダルを獲得した高木美帆(27=日体大職)が18日、メダルセレモニーに参加した。

 今大会は13日間で5種目に出場。3000メートル6位、1500メートル銀、500メートル銀、団体追い抜き銀で迎えた17日の最終種目1000メートルで個人種目初の金メダルを獲得した高木美。メダルセレモニーでは両手を上げてジャンプしながら表彰台に乗り、お辞儀をした。

 金メダルを首にかけ、4つのメダルを手にした高木美は「今朝まで3つぶら下げてたので(笑い)。実際の実量はそんなに凄い重たいなって感じたわけではないけど、金メダルの重みというか、質量というよりこれからのことを考えると、重みを感じるものはあった」と、銀メダルとは違う重みを感じていた。

 また「この金メダルは次の大会ではこれは関係ないというか、次の大会の戦いが始まると思っている」と、視線はすでに前を向いていた。それでも金メダルを獲得したという思いを「大事にしたいところでもある」としつつ「そこは自分にとっては終わった大会なので、次に向かってゼロからというか、チャレンジャーの気持ちで進んでいきたい」と、さらなる進化を目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年2月18日のニュース