【箱根駅伝7区】青学大・林が2年連続区間賞「少しでも東洋大、東海大に追いつくことができた」

[ 2019年1月3日 10:33 ]

第95回東京箱根往復大学駅伝・復路 ( 2019年1月3日    神奈川・箱根町~東京・大手町、109・6キロ )

 第95回東京箱根間往復大学駅伝第2日は3日午前8時、神奈川県箱根町をスタート。復路は東京・大手町までの5区間、109・6キロで行われる。

 7区は小田原中継所から平塚中継所まで21・3キロ。昨年7区で区間新記録をマークした青学大・林奎介(4年)が1時間2分18秒で区間賞を獲得した。

 自らの持つ区間記録に2秒差に迫る走りを見せた林は「昨年の記録を越すことはできなかったんですが、少しでも東洋大、東海大に追いつくことができたのかなって思います」と話した。今季、腰のケガに悩まされたことを振り返り「箱根を走れるか不安だったんですが、昨年と同じくらいの走りができてうれしい」と笑顔。トップとの差を3分48秒に縮め「これから8、9、10と頼れる後輩たちが走る。頑張ってほしい」とエールを送った。(タイムは速報値)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月3日のニュース