東京国際大 狙い通りの展開も…「大きなミスが5区であった」

[ 2019年1月3日 05:30 ]

第95回箱根駅伝往路 ( 2019年1月2日 )

東京国際大・タイタス(左)からたすきを受け取る伊藤(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 【往路17位 東京国際大】1区のケニア人留学生タイタスが区間8位で、4区終了時点で10位と狙い通りの展開だったが、5区の加藤が区間21位に沈んだ。

 創部8年目。予選会で過去最高の6位となるなど着実に成長を続けている。大志田秀次監督は「前半は集団で走ることによって力を出せた。全体的にいい走りができたが、大きなミスが5区であった」と振り返った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月3日のニュース