明大 シード権獲得へ「6区から攻める 自信を持って送り出したい」

[ 2019年1月3日 05:30 ]

第95回箱根駅伝往路 ( 2019年1月2日 )

4区を走った三輪(左)からたすきを受け取った明大・酒井(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 【往路11位 明大】シード獲得へ向け、山本駅伝監督は「悪い意味でギリギリの想定」と振り返った。

 2区と5区で想定より1分以上も遅れたが、区間2位の3区・阿部、同7位の4区・三輪がカバー。10位の中央学院大と42秒差で踏ん張った。指揮官は「6区から攻める。自信を持って送り出したい。シードを獲ってゴールしたい」と復路を見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月3日のニュース