国学院大 過去最高往路3位 浦野 山上りで区間新の快走「明日にいい流れをつくれて良かった」

[ 2019年1月3日 05:30 ]

第95回箱根駅伝往路 ( 2019年1月2日 )

区間新の快走を見せ、往路3位でゴールする国学院大5区・浦野雄平(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 国学院大は5区・浦野が区間新の快走で順位を3つ上げ、過去最高となる往路3位でフィニッシュ。躍進の立役者は控えめに両手を広げ、ゴールテープを切った。「前の4人がうまくつないでくれたし、明日にいい流れをつくれて良かったです」

 1区で1年生の藤木が10位と健闘。浦野と同じ3年生の2区・土方主将、3区・青木が順位を押し上げた。

 浦野は昨年は1区2位。今年は前田康弘監督から5区に指名されたが、「2区で勝負するつもりだった」ため、“山上り対策”をしていなかった。8月には股関節などの炎症で1カ月ほど練習を休んだ影響もあり、小涌園付近で右ふくらはぎがつり、下りに入って左足もけいれん状態に。それでも「呼吸には余裕もあったし、周りも見えていた」と冷静に乗り切った。

 「歴史を変える挑戦」を掲げるチームの中心にいるのが土方、浦野、青木の3年生トリオだ。前田監督は「ライバル関係であり、タイプは違うけど、仲がいい。学生スポーツの理想型」という。その3人を絶妙に配し、各中継所の通過順位も過去最高だった。

 もちろん、往路だけで終わらせない。「総合順位が一番大事なので、明日ゴールするまでは気を抜かず、全員で戦いたい」と土方主将。復路は4年生が中心のオーダーを組む。浦野は「最後の箱根に思うところがあると思うので、それを走りで表現してほしい」とエールを送った。

 ◆浦野 雄平(うらの・ゆうへい)1997年(平9)11月1日生まれ、富山県氷見市出身の21歳。中学時代は野球部に所属。富山商高入学後に本格的に陸上を始める。ハーフマラソンのベストタイム1時間2分2秒はチームトップ。身長1メートル67、体重52キロ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月3日のニュース