【箱根駅伝6区】東洋大トップ通過、次いで東海大 追う青学大は小野田が区間新

[ 2019年1月3日 09:11 ]

第95回東京箱根往復大学駅伝・復路 ( 2019年1月3日    神奈川・箱根町~東京・大手町、109・6キロ )

<箱根駅伝復路小田原中継所>今西(左)からたすきを受け取った東洋大・小笹(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 第95回東京箱根間往復大学駅伝・復路は3日、神奈川県箱根町から東京・大手町までの5区間、109・6キロに23チームが参加してスタートした。

 6区は芦ノ湖駐車場入り口から小田原中継所までの21・3キロ。2日の往路を5時間26分31秒の大会新記録で制し、2014年以来の総合優勝を目指す東洋大がトップで出発。往路2位の東海大は1分14秒差、史上初の総合5連覇を狙う青学大は5分30秒遅れの6位でスタートした。

 東洋大・今西駿介(3年)と東海大・中島怜利(3年)が区間記録を上回るペースで飛ばした。9・1キロでは今西と中島の差は1分21秒とやや広がったが、その後、中島がペースアップ。今西はトップで7区にたすきをつなぎ、1分8秒差に迫った中島が続いた。今西、中島とも区間記録に迫る快走だった。

 3位は4分21秒差の駒沢大で、国学院大が続いた。4年連続6区の“山下りのスペシャリスト”で昨年区間賞の青学大・小野田勇次(3年)が57分57秒の区間新記録で、トップの東洋大との差を5分15秒とした。(タイムは速報値)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月3日のニュース