×

小室圭・眞子さん夫妻“厳戒態勢”帰国あるか 7月試験再挑戦の前に国内で手続き

[ 2022年5月8日 09:30 ]

芸能「覆面座談会」 これが“噂の深層”

小室圭さんと眞子さん
Photo By スポニチ

 【芸能 覆面座談会】うららかな陽気の5月となりました。まさに“春”を迎えているのがタレント新山千春(41)。スポニチ本紙スクープで明らかになったマッチングアプリでの出会いが話題です。また、秋篠宮家の長女眞子さん(30)と結婚した小室圭さん(30)は米ニューヨーク州弁護士試験に不合格でサクラはまたもや咲きませんでした。ほかにも女優広瀬アリス(27)ら芸能人に続く休養や休業など、旬なニュースに覆面メンバーが迫ります。

 リポーター 小室圭さんの2度目のニューヨーク州司法試験はまた不合格だったね。2度目の受験者の合格率は低いし、難しかったんだろうな。

 ワイドデスク そうなんだけど、小室さんは「合格点に5点足りなかった」って話したらしい。「次は7月に挑戦する」とも話したみたいだし、3度目はいけるって思っているんじゃない?

 週刊誌記者 現地では最近は自信がみなぎっているように見えるって。2月下旬の受験当日は髪はボサボサ、うつむき加減で元気がなさそうだったらしいけど、最近の目撃証言では様子が違う。ポニーテールの小室さんが眞子さんと手をつないで歩いていたらしいんだけど、堂々としたたたずまいに、結婚を発表したころの生気を感じさせるみたい。

 リポーター 弁護士資格をまた取れなかったのに余裕の雰囲気?法律事務所での仕事は助手のまま。収入は物価の高いニューヨークでは心もとないよね。それに小室さんは学生ビザで滞在していて、5月に失効するって話もあるけど。合格できればビザがちゃんと取れたんでしょ?

 週刊誌記者 不合格でビザの取得方法に変更が起きたのは間違いないね。ただ、この前、眞子さんがメトロポリタン美術館に解説を寄稿した。そういった実績もつくった名門美術館に眞子さんが就職して、芸術分野のスペシャリストとしてビザを取得すれば、小室さんはその配偶者ビザをもらえて米国に居続けることができる。

 本紙デスク 配偶者ビザのままだと就労できないから司法試験には合格したいだろうけどね。いずれにしても2人が手続きのために今月中にも一度帰国するんじゃないかって話がある。帰国する場合、警備の態勢はどうするんだろう。眞子さんが民間人になったとはいえ、安全面で警察は動かざるを得ないだろうなあ。

 ワイドデスク 小室さんが結婚前の昨年9月に帰国した時、都内の高級ホテルに滞在予定で警視庁も準備をしていたのに、急きょ横浜の実家に行った。警察関係者は振り回されたっていう話だ。

 リポーター 警視庁をはじめ多数の警察官が動員される“要人帰国か?”なんて報道もすでにある。帰国するならその厳重態勢やどんなところに滞在するのかも注目されるね。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年5月8日のニュース