×

有働由美子アナ 若いころに「躊躇したこと」、年齢重ね変化「おばちゃんになったら言うわよ」

[ 2022年1月21日 17:32 ]

有働由美子アナウンサー
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサー・有働由美子(52)が21日、ニッポン放送「うどうのらじお」(金曜後3・30)に出演。「躊躇したこと」をテーマにトークを展開した。

 今回のメールテーマが「躊躇しました」だったことから、有働アナは自らのエピソードを披露。「若いころは躊躇していたけど今はしないシリーズがあって」と切り出した。男性のズボンに違和感を感じたケースを持ち出し、「いわゆる社会の窓が開いている時に、若いころは『開いている』って思っても、言っていいんだっけって思いますけど」と回顧。現在はズバッと指摘するそうで、「おばちゃんになったら言うわよね~」と明かし、「社会の窓がオープン!とか言って」と続けた。

 年齢を重ね、過去ためらっていた言葉を言えるようになったという。「上司だろうが上の人だろうが下の子だろうが、何でも言えるようになっちゃいました」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月21日のニュース